echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

コロナショックが生み出した
ポップ/ストリートカルチャーの様相

Photograph by Polaris / amanaimages [TOP]

新型コロナウイルスによる“グローバルパンデミック”により、世界的にホワイトカラーのテレワークと在宅勤務は常態化し、ライフスタイルは大幅に変化しました。2021年の東京オリンピック/パラリンピックの開催は危ぶまれ、各業種の廃業、転業も目新しくありません。観光、不動産、飲食、エンターテインメント各分野でのビジネスとカルチャーの行方も、“ポストコロナ”、“ウィズコロナ”のあり様を探るべきだという声が上がっています。

また、これまでストリートカルチャーの専門家、荏開津広さんによる人気シリーズ「世界を“ハック”するストリートカルチャーのいま」を展開してきたなかで、アメリカを中心に巻き起こっているBLM運動もコロナ禍と遠因にあると言われ、その運動の渦中でブルックリンの路上に巨大アートが出現したことも、ストリートカルチャーの歴史とは切り離せない関係性があります。

そうしたなかで、アマナデザインによるカルチャーのシンクタンク「オモシロ未来研究所」発の企画「世界を“ハック”するストリートカルチャーのいま」の第4弾となる本トークセッションでは、ファッション、エンターテイメント、アートについてカルチャーとビジネス双方からのビジョンについて語り尽くします。

今回は第1回目にお招きした国内外のブランドとともにグローバルにファッションのプロジェクトを手がけるKLEINSTEIN代表の小石祐介さん、第3回のゲストである、 セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業、自身が主宰するcoconogaccoではクリエイションの可能性を伝える教育者であり、ファッションブランド「writtenafterwards」のデザイナー山縣良和さんをお迎えし、“ポストコロナ”、“ウィズコロナ”で生まれたポップ/ストリートカルチャーの新たな様相を見ていきます。

*今回のエイチは、オンライン開催となります。8月10日(月)の12:00までにお申し込みいただいた方へ、トークセッション配信用のURLをお送りさせていただきます。

COLLABORATION コラボレーション

オモシロ未来研究所

オモシロ未来研究所

オモシロ未来研究所

ストリートカルチャーを軸としたアートとカルチャーの頭脳集団。メンバー独自のネットワークやノウハウを活かしたクリエイティブサービスを提供するとともに、世の中にまだ知られていないクリエイティブコンテンツを掘り起し、コミュニケーションを戦略的にデザイン。より多くの方にその魅力を知っていただく機会をつくり出していきます。

INFO イベント情報

開催日時
2020年8月11日(火)19:00〜20:30
料金
1000円
定員
100名

イベントに申し込む