echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

世界はなぜ“ストリートカルチャー”に熱狂するのか

Photograph by Alp Peker / EyeEm/amanaimages [TOP]

いま、ファッション/デザイン/アートの領域で“ストリート”をキーワードに大きな動きが起きています。 

この10月、伝統あるロンドンのオークションハウス・サザビーズで、ストリートアートを代表する匿名のアーティスト・バンクシーの作品が、落札直後に作品の額に内蔵されていたシュレッダーで切り刻まれるというニュースが世間を賑わせました。 

また、日本を代表するコンテンポラリーアーティスト、村上隆氏のギャラリー「カイカイキキ」では、最近つとに従来の日本の美術と異なったストリート発のアートであるストリートアートに重きをおいています。

一方ファッション業界では、“ラグジュアリー・ストリートウェア”のコンセプトで2015年に誕生した「Off-White」はいま若者のあいだで爆発的なブームに。立ち上げ人のヴァージル・アブローが、2018年にルイヴィトンのメンズウェア初の黒人デザイナーとして就任したことも話題を集めています。 

こうした、ストリートを軸としたさまざまな動きはほんの氷山の一角にすぎません。 

“ストリート”という言葉は1990年代に日本のメディアに登場してきました。それは「……ファッション・デザイナーや企業主導ではなく、ストリートにたむろする若者たちのなかから現れ……」*という意味ですが、その影響と存在感は2000年代に入ってこれまでと異なったスケールで大きくなってきています。

そして2020年代に突入しようとしているいま、アート/デザイン/ファッションの世界で何が起こっているのでしょうか。19世紀のパリのオートクチュールから始まったラグジュアリーファッションの世界で、ストリートカルチャーはどのようにそのカルチャーとビジネスを変えていくのでしょうか。 

アートとカルチャーのシンクタンクを目指しローンチしたアマナデザインの「オモシロ未来研究所」がオーガナイズする企画第1弾としてM.C.BOOがホストになり、ストリートカルチャーの領域で活動してきた、ライター/DJ/東京藝術大学非常勤講師の荏開津広さんと、国内外のブランドとともにグローバルにファッションのプロジェクトを手掛けるKLEINSTEIN(クラインシュタイン)代表、小石祐介さんを迎えトークセッションを開催。わかっているようでわかりにくい、ストリートカルチャーとハイファッションの世界の舞台裏、その歴史と未来について語り尽くしていただきます。

* Wikipediaより


[ アフターパーティー緊急開催! ]

トークイベント後にスペシャルDJをお呼びし、「オモシロ未来研究所」発のアフターパーティー開催が急遽決定! パーティーのみのご参加も可能です。数に限りはございますが、おいしい日本酒とおつまみをご用意してお待ちしております。

DJPAM(ODOLA、Kuragaly)
時間20:00〜22:00
会場ル・カラン
住所東京都品川区東品川2-2-43
参加費無料

日本酒提供元:ジェム バイ モト

INFO イベント情報

開催日時
2018年12月21日(金) 18:00〜19:30
料金
2,500円
定員
82名

ACCESS アクセス

amana square

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
TEL:03-3740-4011 (代表)

電車でのアクセス
東京モノレール:天王洲アイル駅より
南口改札を出て山手通りを右(新東海橋方面)へ。 品川埠頭入口交差点を渡り、ボンドストリートを右折。 徒步5分。
りんかい線:天王洲アイル駅より
改札を出て品川埠頭入口交差点を左(新東海橋方面)へ。 ボンドストリートを右折。徒歩5分。

お車でのアクセス
駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上お越しください。

COLLABORATION コラボレーション

オモシロ未来研究所

オモシロ未来研究所

オモシロ未来研究所

ストリートカルチャーを軸としたアートとカルチャーの頭脳集団。メンバー独自のネットワークやノウハウを活かしたクリエイティブサービスを提供するとともに、世の中にまだ知られていないクリエイティブコンテンツを掘り起し、コミュニケーションを戦略的にデザイン。より多くの方にその魅力を知っていただく機会をつくり出していきます。