echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか

Photograph by dkey/a.collectionRF/amanaimages [TOP]

暗号通貨だけでなく、社会のさまざまなシーンで活用され始めたブロックチェーン・テクノロジー。その動きはアートの領域にも見られ、国内外のベンチャーが参入し、この3月には「アート×ブロックチェーン」構想を打ち出すスタートバーン株式会社が3億円の資金を調達したことで、これからさらなる加速が予想されています。

一方、1996年にギャラリーを立ち上げ、奈良美智氏や村上隆氏など名だたる現代アーティストを輩出し、日本のアートマーケットを第一線で切り拓いてきた小山登美夫ギャラリー。

テクノロジーの介入や表現の多様化など、これから複雑化するアートマーケットはどうなっていくのか。

ブロックチェーンを武器に新たなかたちでアートマーケットとの接続を試みるスタートバーン代表取締役の施井泰平さんと、20年以上にわたり類のないアーティストとともに現代のアートシーンを築いてきた小山登美夫さんに、それぞれの立場からアートマーケットの未来を展望していただきます。

INFO イベント情報

開催日時
2019年5月13日(月) 19:00〜20:30
料金
2,500円
定員
72名

ACCESS アクセス

amana square

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
TEL:03-3740-4011 (代表)

電車でのアクセス
東京モノレール:天王洲アイル駅より
南口改札を出て山手通りを右(新東海橋方面)へ。 品川埠頭入口交差点を渡り、ボンドストリートを右折。 徒步5分。
りんかい線:天王洲アイル駅より
改札を出て品川埠頭入口交差点を左(新東海橋方面)へ。 ボンドストリートを右折。徒歩5分。

お車でのアクセス
駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上お越しください。

COLLABORATION コラボレーション

IMA

IMA

写真雑誌IMAは、世界中の旬なフォトグラファーの最も新しい写真表現を紹介しながら、写真史から日々の中での写真との付き合い方までご紹介します。