echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

東京ミッドタウン日比谷にみる、
商業施設の枠を超えた、これからの「食」のあり方

今年3月、日比谷に東京の新名所となる「東京ミッドタウン日比谷」が開業しました。官庁街の霞が関、オフィス街の丸の内とも隣接し、ホテルや劇場、自然あふれた公園もある日比谷。しかし、これまでぶらっと買い物や食事を楽しむ場所はなく、銀座エリアに流れていくのが常でした。

近年、銀座エリアにはいくつもの大型商業施設が誕生し、それぞれオリジナリティあるサービスで差別化を図っているなかで、東京ミッドタウン日比谷の狙いのひとつは「食」。単なる飲食店のテナント誘致という枠組みを超え、新しい価値観で打ち出された「食」の魅力を求めて、連日大勢の人でにぎわっています。

さまざまな制約もともなう商業施設では、こだわりを持って運営できる路面店を誘致するのは困難とされる側面もありますが、東京ミッドタウン日比谷は、従来のイメージから脱却し、来店客への多様なライフスタイル提案を可能とする柔軟な発想で、国内外の数多くの個性あふれる飲食店の誘致や新業態を実現。代官山の大人気ビストロ「Äta(アタ)」と、新潟のワイナリー「カーブドッチ」が組んだ「Värmen(ヴァーマン)」もそのひとつです。

今回のイベントでは、東京ミッドタウン日比谷の飲食店誘致のディレクションを担う、三井不動産の村田麻未さんとVärmenオーナーシェフの掛川哲司さんをお迎えし、「東京ミッドタウン日比谷」を起点にしながら、変化著しい時代の見据え方、トレンドにとらわれず、自在にスタイルを変化させていく力などをテーマにトークを展開していただく予定です。

「Värmen」店頭のローバーに並ぶタパスやピンチョス。一度施設を出てメインエントランスを入る設計など、お店には掛川シェフのこだわりが随所に散りばめられている
「Värmen」店頭のローバーに並ぶタパスやピンチョス。一度施設を出てメインエントランスを入る設計など、お店には掛川シェフのこだわりが随所に散りばめられている

INFO イベント情報

開催日時
2018年7月9日(月) 17:00〜18:30
料金
2,500円
定員
72名

ACCESS アクセス

amana square

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
TEL:03-3740-4011 (代表)

電車でのアクセス
東京モノレール:天王洲アイル駅より
南口改札を出て山手通りを右(新東海橋方面)へ。 品川埠頭入口交差点を渡り、ボンドストリートを右折。 徒步5分。
りんかい線:天王洲アイル駅より
改札を出て品川埠頭入口交差点を左(新東海橋方面)へ。 ボンドストリートを右折。徒歩5分。

お車でのアクセス
駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上お越しください。

COLLABORATION コラボレーション

料理通信

料理通信

食のオピニオンリーダーたちのアンテナを刺激する雑誌『料理通信』の刊行、“食で未来をつくる・食の未来を考える”をテーマにしたWEBサイト「The Cuisine Press」、食を取り巻く社会課題に向き合うアクションを行う活動体「or WASTE?」を運営。“シンクタンク機能を持つ食のメディア”として、食コミュニケーションに貢献します。