echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

表現で翻訳する、社会のあり様

ILLUSTRATION by Tomoyuki Yanagawa [TOP]

アマナグループのプロトタイピングチーム「FIGLAB(フィグラボ)」は2013年の始動以来、デジタルテクノロジーを通して表現を拡張する試みを行ってきました。

このたびFIGLABが、7月5日〜14日に天王洲アイルのamana squareにて展示『FIG OUT 2019 – 拡張するビジュアル表現 –』を開催。展示を記念し、アマナが運営するコミュニケーションプラットフォーム「H(エイチ)」との共同企画として、スペシャルゲストをお招きしたトークセッションを2回にわたって行います。

あらゆるクリエイティブがあふれる現代においてもなお、なぜアーティストは表現することを止めないのか。テクノロジーを使って表現をアップデートし、社会に新しい価値を提案する「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナーの森永邦彦さん、アーティストの後藤映則さん、FIGLABとともに表現の核心に迫ります。

*こちらはDAY2へのお申し込みページです。

DAY1|「ビジネスモデルから語らない、“共創と表現”の関係」

新たなビジネスモデルを創出しようと、“テクノロジー・ドリブン”でいくつもの事業共創プロジェクトが生まれています。そんななか、“表現”からその可能性を探ろうとしているのが、乃村工藝社の「NOMLAB(ノムラボ)」とアマナの「FIGLAB(フィグラボ)」です。それぞれ独自にラボラトリーを立ち上げて活動していたなかで、なぜ“共創”というかたちで作品を発表するに至ったのか。「共創による表現の拡張性」について、かつて「NOMLAB」と協力し、現在はアーティスト・武蔵野美術大学専任講師として活動する、後藤映則さんとともに議論していきます。

モデレーター:タジリケイスケ(「H」編集長)

INFO イベント情報

開催日時
2019年 7月10日(水) 19:00〜20:30(18:30開場)
料金
2,500円
定員
60名

詳細はこちら→ https://amanatoh.jp/event/6112/

DAY 2|「表現で翻訳する、社会のあり様」

社会や産業があらゆる改革を強いられるなか、多くの企業がイノベーションを起こそうとしのぎを削っています。しかし、なかには「イノベーション」という言葉だけが先行し、既存の仕組みやテクノロジーに依存した表面的なもので終止するケースも多く、本質的なクリエイションは生まれにくくなっている現実も。そんな現状に対して、ファッションの枠組みを超えて革新性を生み出しているのが「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナー森永邦彦さんです。ファッションとテクノロジーという“ツール”を用いて未来を切り拓く森永さんとともに、表現がどのように社会に介在し、変革していくのか展望します。

モデレーター:タジリケイスケ(「H」編集長)

INFO イベント情報

開催日時
2019年7月11日(木) 19:00〜20:30(18:30開場)
料金
2,500円
定員
60名

イベントに申し込む


ACCESS アクセス

amana square

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
TEL:03-3740-4011 (代表)

電車でのアクセス
東京モノレール:天王洲アイル駅より
南口改札を出て山手通りを右(新東海橋方面)へ。 品川埠頭入口交差点を渡り、ボンドストリートを右折。 徒步5分。
りんかい線:天王洲アイル駅より
改札を出て品川埠頭入口交差点を左(新東海橋方面)へ。 ボンドストリートを右折。徒歩5分。

お車でのアクセス
駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上お越しください。

COLLABORATION コラボレーション

FIG LAB

FIG LAB

FIG LAB

進化するテクノロジーを軸に、ビジュアル表現の可能性を拡張するラボラトリー。「手を動かしながら考える」ことで、アイデアを即座に具現化・視覚化し、より高いレベルでの課題解決を目指します。加えて、オープンイノベーションの場として、多様な分野とコラボレーションし、新たな表現と価値を生み出します。
http://figlab.jp/