echo $ev_mainimage['alt'];

受付終了

「ビジネス×アート」の最前線を解剖する
TOKYO CANAL LINKS 2020
~ART FOR THE PEOPLE~ #4

Photograph by Mubariz Khan / EyeEm/amanaimages [TOP]

【イベント中止のお知らせ】

こちらのイベントにつきまして、国内における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大リスクが高まっていることから、開催を見送ることにいたしました。関係者および当日参加を予定してくださっていた皆さまには、心よりお詫び申し上げます。

ご来場を楽しみにしていたお客さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

「有料チケット」をお申し込みされた方へ

ご返金につきましては、Peatix所定の返金方法に基づき、Peatix Japan株式会社が行います。
詳しくはこちらをご参照ください。
※ご返金に関するお問い合わせは、Peatix Japan株式会社へお願い申し上げます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。(2/21更新)


第4回「変わりゆく、企業のアートへの姿勢」

運河によって“東京”の歴史や文化をつなげ国際的な“TOKYO”への架け橋となることを目指すアートプロジェクト「TOKYO CANAL LINKS」。羽田空港からの湾岸エリアの既存施設をアートによって再活用し、文化資源を観光資源として転換する取り組みが展開されてきました。

3年目を迎える2020年の「TOKYO CANAL LINKS 2020」は、オトナ・社会人に向け「アートとビジネス」をテーマに、ビジネスにおけるアート思考の必要性を考えるプログラムを4回にわたり開催。しながわ文化プログラムの一環として、寺田倉庫と「H(エイチ)」の共同企画として行います。

近年、そこここで聞かれるようになった「アート」と「ビジネス」という単語。アートとビジネスには、「コレクションとして買う」や「企業メセナとして取り組む」といったものから、「企業ブランディングへの活用」、「アートシンキングをとおしたチームビルディング」など、さまざまな角度で関係しています。本シリーズでは、さまざまな企業の事例を通じながらそうした関係を一度整理し、知るきっかけをつくることで、社会で活きるワードを見つける機会にしてもらえればと考えています。

シリーズラストとなる第4回目は「変わりゆく、企業のアートへの姿勢」です。文化・芸術分野の発展を通じた豊かな社会創造を目的とする企業活動。文化的な活動に対しさまざまなかたちで支援を行うこの取り組みは、企業ブランディングの一環としても注目されています。

1919年、銀座に「資生堂ギャラリー」を開設した株式会社資生堂は、日本の企業メセナの先駆けとして当時から展示会場の無償提供や作品の収集も行い、若手アーティストを支援してきました。1990年の企業文化部設立以降も一貫して、いまだ価値の定まらないアートとして現代美術を中心に芸術文化支援活動を行っています。

昨年にはSMBC信託銀行の日本橋支店が国際的に活躍する日本人作家の現代アート作品を展示する「アートブランチ」をスタート。アートと銀行という意外な組み合わせで、他行にはない視点から企業ブランディングや国内におけるアーティストの認知拡大を図っています。

そして今年1月、京橋に石橋財団アーティゾン美術館がオープン。同館は2015年より改築のため休館していたブリヂストン美術館が、名前もあらたに新しい美術館として開館したものです。

今回は、株式会社資生堂社会価値創造本部アート&ヘリテージ室長の上岡典彦さん、株式会社SMBC信託銀行商品企画部アート企画推進の岩崎かおりさん、アーティゾン美術館学芸課長の新畑泰秀さんが登壇。

3社の活動を紐解きながら、日本の中心地から発せられるアートへの取り組みは、今後日本社会に何をもたらし、どのようにして世界へとつながっていくことができるのか議論を交わしていきます。

→品川区民/品川区の企業在籍の方はこちらからお申し込みください。
※当日、受付で身分証明書のご提示と、名刺を1枚頂戴しております。

主催:TOKYO CANAL LINKS 実行委員会
助成:しながわ文化プログラム推進事業
企画協力:株式会社アマナ/寺田倉庫


[ アコースティックライブ&懇親会のお知らせ ]

イベント終了後、amana square内のラウンジで、MASH弦楽団によるアコースティックライブを入れた懇親会を行います。参加費は無料ですので、来場者の皆さまとのコミュニケーション創出の場としてぜひご活用ください!
※Peatixのお申し込みフォームで、懇親会への出欠をお選びください。

MASH弦楽団
2017年にバイオリンのルリを中心に結成された弦楽器のみの編成のジプシージャズバンド。超絶テクニックと息の合ったアンサンブルを売りとしていて、ときに哀しくときに激しく哀愁漂うメロディで日本ではまだなじみのないジプシージャズを普及させている。
すみだジャズをはじめとしたジャズフェスや東京ソラマチ、台北、フランスなど国内に限らずさまざまなライブハウスやイベントなどで活動中。2019年ジプシージャズの発祥の地フランスにてパリのLapin Agile、Atelier58、リヨンのCAFE CHARMANTなどで演奏。2017年1stアルバム『キノコ狩り』完売。2018年2nd アルバム『キニナルキノコ』完売。2019年3rdアルバム『Kinocolosseum』発売中。
https://mashdjango.com/

INFO イベント情報

開催日時
2020年2月28日(金) 19:00〜20:30
料金
2,500円
定員
72名

ACCESS アクセス

amana square

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
TEL:03-3740-4011 (代表)

電車でのアクセス
東京モノレール:天王洲アイル駅より
南口改札を出て山手通りを右(新東海橋方面)へ。 品川埠頭入口交差点を渡り、ボンドストリートを右折。 徒步5分。
りんかい線:天王洲アイル駅より
改札を出て品川埠頭入口交差点を左(新東海橋方面)へ。 ボンドストリートを右折。徒歩5分。

お車でのアクセス
駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上お越しください。

COLLABORATION コラボレーション

TOKYO CANAL LINKS

TOKYO CANAL LINKS

TOKYO CANAL LINKS

天王洲・TENNOZ CANAL EASTを中心に運河沿いにある建物や施設を活用しておこなっているアートプロジェクトです。 展示やダンスツアー、ライブ、お茶会、壁画など様々なプログラムを通して、天王洲の街を歩くことで、何か気づきやアイデア、インスピレーションが⽣まれるようなきっかけをつくっています。
https://tokyocanallinks.com/