ビジネスにレバレッジをかける、
これからの「アート思考」

ビジネスにレバレッジをかける、これからの「アート思考」
Photograph by Gunther Kleinert / EyeEm /amanaimages [TOP]

時代を問う力を養う、アートの作法

新型コロナウイルス感染症によって、社会構造や働き方などあらゆる価値基準が大きく変わりました。答えのない社会に対してこれから必要とされるのが、「自ら問いを立て、決断し、押し進める力」です。常に社会の通説を疑い、新たな視点で鋭い「問い」を投げ掛けてきたのがアートです。これまでビジネスの世界においても「アート思考」の重要性が叫ばれてきましたが、この不確実性が高まる時代において、アート思考の必要性はさらに高まることでしょう。

日々、情報や価値観がアップデートされているいま、経験したことのない未知の世界を生き抜くために周りの情報に流されず、「自分の頭で考える」ためのアート的な思考をビジネスや生活に取り込むための“作法”とは。アートをビジネスや生活に取り入れて、“豊かな感性”を育んでいる事例を紹介していきます。

OTHER THEME 他の特集